INVALANCE PUBLIC AREA (2014)

不動産業務を行う株式会社インヴァランスの来客用ミーティングルーム、セミナールームの設計を担当しました。「アンティーク&コンテンポラリー」をテーマに不新しい価値、古い価値を扱う会社らしく異なる要素を持つデザイン空間をひとつの空間として表現しました。ミーティングルーム側はエコ素材を利用したジオメトリーな空間、ウェイティングルームとセミナールームはレンガや、モールディング風グラフィックなどが施されたアンティーク風な空間とし、床のフローリングを木調と白ペイントの板をグラデーションに配置することで、その境界を曖昧にし異なる空間をひとつの空間として共存させました。

設計:LINEs AND ANGLEs inc. 西脇佑 / プロジェクトマネージャー: DWP 小栗公二 天坂紗子 富岡明日香 / グラフィックアート:undrop / 施工:Cross Section 宮川 智志 / 撮影:TRANSPARENCY 山本育憲



コメントは停止中です。