Lafrutta KICHIJOUJI (2016)

 

 

吉祥寺の自家農園や契約農家が作るこだわりの果物を使用したメニューを提供するスウィーツショップの移転計画。 人通りの多い立地に立つ真四角の建物は既に目を引く存在であった。そこで、敢えてサインを出さず、壁面を白く塗り、その存在を強く際立たせ、導入を促すためエントランスからのRの通路を設けた 1FのRサッシュと2FのRの壁面が同じ位置で構成されていることで、まるで直方体の中に円柱のカタチをした建築物があるかのように見えこの建物をよりシンボリックに演出している。 1Fはテイクアウト専門ということで過度な装飾は控え、ジェラートやケーキなど果物が生み出す天然の色彩を生かすため白を基調とした空間を目指した。季節によってメニューが変動することで四季を感じ、旬な食材を頂く楽しめるように努めた。 2Fは果物を使ったスウィーツや洋食を楽しむことができるレストラン。白を基調にしつつ木を部分的に使用することゆったりと落ち着く空間を演出し、果実のようなオリジナルチェアを配置し空間に彩りを設けた。 壁面にペイントされた英文字は、いろいろな名言をフルーツに置き換えている。これはクライアントの果物に対する熱い想いや拘りを表したもので、ここに来客される方のみならず、ここで働くスタッフへの熱いメッセージでもある。

設計:LINEs AND ANGLEs inc. 西脇佑 / 施工:メガクリエイト / グラフィックデザイン:CYAN 相馬佑
アートペイント:SUNNY SIDE CAMP 石井理恵子/ 撮影:TRANSPARENCY 山本育憲



コメントは停止中です。